Environment-
improvement

職場環境向上プログラム

職場環境向上プログラム

当社が今後さらに成長していくためには、社員力が向上することが不可欠です。
当社では、『1人1人の社員が最大限の能力を発揮でき、ライフワークバランスがとれる職場環境作り』
を行ない、社員力の向上に努めています。

働きやすい職場環境をつくるために

福島県が推進している「福島県次世代育成支援企業認証制度」は、仕事と育児の両立支援に積極的に取り組む中小企業や、仕事と生活のバランスが取れる働きやすい職場環境づくりに向けて、総合的な取組みを行っている企業を県が認証する制度です。
当社は、平成25年7月に『「仕事と生活の調和」推進企業認証』を、平成28年7月には『「働く女性応援」中小企業認証』を取得しています。
介護休暇制度を運用することにより、半日単位での介護休暇を取得でき、近年では男性社員が育児休業や介護休業を取得する実績もでてきています。

心身ともに元気に働ける会社を目指して

当社は、平成30年10月に健康事業所宣言をしました。空いた時間で血圧を計測できるよう、社内に測定器を設置しています。
最近では、フットサル、ソフトボール、バスケットボールなどスポーツサークルが盛んになってきており、社員の気分転換やモチベーションアップにつながっています。

働き方改革への対応

令和元年からは有給休暇を確実に取得しなければならなくなり、令和2年4月からは中小企業に対しても時間外労働の上限規制がかかるようになりました。
こうした中で、当社も育児休業や育児のための短時間勤務、介護休業、介護のための短時間勤務、私傷病休暇など、社内制度を見直しを行なってきました。
長時間労働になってしまう社員は疲労が溜まり、モチベーションは低下し、悪循環を生み出してしまいます。
そこで、先輩社員が特定の若手社員に仕事が集中しないように調整するとともに、短時間勤務で「1日何をしていたのか」、「明日は何をするのか」など
コミュニケーションの時間を作りました。
これにより、リアルタイムで先輩社員は若手社員がつまずいている箇所を把握しアドバイスが出来るようになり、情報共有、作業効率アップにつながっています。

社員支援プログラムの導入

仕事やプライベートでの悩みごとが、業務パフォーマンスに影響を与える1つの要素と考えています。
当社は、パフォーマンスの維持、向上を図るために、ストレスチェックを行ない、悩みごとの解消をサポートする個別の支援をおこなっています。
これは、EAP(Employee Assistance Program)と呼ばれている従業員支援プログラムの1つで、潜在的な問題の抽出を行ない改善することで働きやすい職場環境づくりを推進しています。