• TOP > 
  • 社員力向上/教育研修/品質向上プログラム

品質向上プログラム

ISO9001:2015ISO14001:2015を統合システムとして運用しています

高柳電設工業株式会社は、品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2015」と環境マネジメントのを国際規格「ISO14001:2015」取得しています。
ISO9001は品質に係わるマネジメントシステムで、簡単に言うと「顧客満足を満たす体制を社内に構築する仕組み」のこと、
ISO14001は環境に係わるマネジメントシステムで、簡単に言うと「環境やさしい企業活動をおこなえる体制を社内に構築する仕組み」です。
弊社は、品質マネジメントシステムと環境マネジメントシステムを効果的に運用するために、2017年12月にそれぞれの国際規格を2015年版に移行する審査を受ける際にこの2つの規格を統合したシステムとして審査を受け認証をいただいています。

登録証写真1 登録証写真2

このマネジメントシステムは、私達が電気設備工事やアフターサービスの品質を日々管理し、改善し、環境への配慮を日々向上させる努力をし続けることができるかどうかを確かめることによって認証を継続して維持し続けることができます。
この仕組みが備わっていれば、社会のニーズや意識の変化を正確にとらえて対応することができ、万が一のことが起こっても、迅速で的確な対応でお客さまや環境への影響を最小限にくい止めることができます。
この結果、益々お客様にかわいがってもらえるようになることが高柳電設工業株式会社の目標です。

QMS教育の実施

高柳電設工業株式会社は、品質マネジメントシステムを効率的に運用するために、毎年次のようなQMS教育をおこなっています。
1.新入社員対象の「QMSの基礎講習」
2.一般社員対象の「QMS応用講習」
3.内部品質監査員対象の「内部監査能力向上講習」

QMS教育の実施

内部監査の実施

高柳電設工業株式会社は、品質マネジメントシステムを効率的に運用していることを確認するために、毎年2回計画に基づいて、内部品質監査をおこなっています。
内部品質監査は、経験の浅い現場代理人に対しては、QMS教育の一環として、ベテランの現場代理人にたいしては、より効果的で効率的な運用のアドバイスの場として活用します。監査月間に該当する進捗度20%~85%で残工期が1ヶ月以上のすべての現場が対象となります。このとき、品質ばかりではなく安全も確認します。

内部監査の実施

社内検査の実施

高柳電設工業株式会社は、工程の進捗にあわせて社内検査をおこない、お客様に満足していただける電気設備を施工しているか確認します。
社内検査の前には、現場代理人が自主的にチェックしますので、お客様の手に渡るまでの間に2重のチェックをおこなっていることになります。

社内検査の実施
ページの先頭へ